MENU

冬でも化粧崩れする!?その原因と対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬でも化粧崩れする!?その原因と対策方法
今回は、冬特有の化粧崩れの原因と対策方法をご紹介します。冬も油断せず、化粧崩れを防ぎましょう。

冬に化粧崩れする原因

肌のテカリ

エアコンの効いた室内や電車内にいると、汗をかいて肌の内側から油分が出てきます。とくにもともと脂性肌の方は、冬でも皮脂によって化粧崩れが起こりやすいです。

油分不足

肌の油分が不足していると、乾燥してしまった皮膚を守ろうと皮脂分泌が過剰になります。化粧崩れが気になるからと言って、油とり紙で油分を取りすぎているとますます乾燥と皮脂分泌が進んでしまいます。

マスクやマフラーで起こる擦れ

マスクやマフラー、タートルネックなどが肌に触れて擦れることでメイクが崩れることもあります。口元や頬を中心にメイクが崩れ、擦れることによって粉を吹いたように乾燥する方もいます。

化粧崩れを防ぐ方法

化粧崩れを防ぐには、毎日のスキンケアとメイク方法を見直しましょう。

ぬるま湯で洗顔する

冬は寒いのでお湯で顔を洗いたくなるかもしれませんが、お湯は油分を過剰に奪い去ってしまいます。夏も冬もぬるま湯で洗顔し、乾燥を防いでください。乾燥肌の方は朝に洗顔料を使うと皮脂を取りすぎてしまうため、朝はぬるま湯だけで洗うのがおすすめです。

基本のスキンケアをサボらない

乾燥やテカリを防ぐには、基本のスキンケアが大切です。テカリやすいTゾーンも油分が不足している可能性があるので、化粧水と乳液を使ってきちんと保湿しましょう。乾燥肌の方は、季節に合わせて保湿力の高いアイテムに切り替えると効果的です。

時間を置いてからメイクする

スキンケア後、すぐメイクに取り掛かると、化粧水や乳液が肌に吸収されていないので寄れやすくなります。スキンケアが終わったらしばらく時間を置いて、肌がサラサラになったことを確認してからメイクを始めてください。急いでいるときは、ティッシュを広げて顔の上に置き、水分と油分を軽く押さえてください。このひと手間でメイクのヨレが軽減します。

ファンデーションは薄く塗る

ファンデーションは薄く塗ると、油分が分泌されても化粧崩れしにくくなります。とくに崩れやすいTゾーンやマスクがあたる部位は、薄く仕上げてナチュラルメイクを心がけましょう。

まとめ

冬は乾燥や衣類との擦れによって化粧崩れが起こります。テカっていても意外と肌は油分不足に陥っていることがあるため、基本のスキンケアを重視しながら保湿を徹底してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。