MENU

チークの種類別!いろんな顔を使いわけよう♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チークの種類別!いろんな顔を使いわけよう♡

顔の血色をよくし、立体感を生み出してくれるチークは、種類によって仕上がりが違います。
なりたいイメージに合わせてメイクできるよう、ここではチークの種類や使い方、仕上がりイメージをお伝えします。どのチークを使えばいいのか分からないという方は、ぜひ参考にしてください。

チークの種類は全部で3種類

チークの種類は、大きく分けると3つあります。

パウダー

チークの定番とも言えるのがパウダータイプです。ブラシでつけるのが一般的で、多くの商品はコンパクトに入ったプレストタイプです。初心者でも扱いやすく、つけすぎてもティッシュオフすれば簡単に濃淡を調整できますよ。

クリーム

高発色のクリームタイプは、練りチークとも呼ばれています。内側からにじみ出るような血色感を演出でき、ツヤっぽく仕上げたいときにぴったりです。

リキッド

クリームタイプよりサラサラとしたテクスチャーのリキッドチークは、3種類の中で一番肌に密着します。ナチュラルな血色感で自然な立体感を引き出してくれます。

種類別!チークの使い方

種類別に基本の使い方をご紹介します。

パウダー

ブラシにパウダーを含ませたら、手の甲でトントンと叩いて余分な粉を払います。頬骨の一番高いところに円を描くように塗り、最後にチークの境目を手でぼかすと自然な仕上がりになります。

クリーム

指先にチークを取ったら、手の甲につけて濃さをチェックします。頬骨の高い位置にチークを乗せ、指先で叩き込みながら上下左右に広げていきます。ムラになった箇所はスポンジでなじませましょう。

リキッド

チップまたは指先に取り、3~4か所に分けて直接頬に乗せます。すぐに指でぼかし、境目はスポンジでなじませます。

種類別に使い分けてメイクの印象を変えよう!

パウダー

ふんわりとした柔らかな印象が好きならパウダーチークがぴったりです。女の子らしいガーリーメイク、フェミニンなメイクとの相性も抜群です。さらに、微量なパールが含まれているチークなら肌をきれいに見せることができます。

クリーム

自然な高発色で、ナチュラルな頬に仕上がるのがクリームタイプです。内側から上気したような色っぽいメイクもできるので、量を調整することでナチュラルメイクからトレンドメイクまでできます。

リキッド

透明感がアップし、ツヤのある仕上がりになります。何も塗っていないようなチークレスなメイクや大人っぽいクールなメイクをしたいときにおすすめです。

まとめ

パウダー、クリーム、リキッドの3種類のチークを使い分けると、顔の印象が変わっていろんなメイクを楽しめます。今まで1種類しか使っていなかったという方は、ぜひ3種類を使い分けてみてください。メイクの幅が広がって以前より化粧が楽しくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。