MENU

スキンケアも冬用に切り替えどき!乾燥を防ぐスキンケア講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアも冬用に切り替えどき!乾燥を防ぐスキンケア講座

冬は外気やエアコンによって空気が乾燥しやすく、多くの方が肌の乾燥を感じるようになります。
肌の乾燥は、小じわや肌トラブルの原因になるので、早めに対処することが重要です。今回は乾燥を防ぐためのスキンケア方法をご紹介します。

冬はスキンケアもしっとりタイプにチェンジ

冬は乾燥した空気によって、肌の水分が奪われるとともに皮脂分泌量も減ります。
そのため、普通肌の方でも肌がカサついたり、粉吹きを起こしてしまいがちです。
肌の水分量や皮脂量の多い夏と同じスキンケア方法をしていると、肌トラブルが発生しやすくなるので、冬は肌の状態に合わせてスキンケアアイテムを見直してみましょう。
冬の間だけだから…と考えて、お手入れ方法をそのままにしていると、小じわができたり、慢性的な乾燥肌になってしまう恐れもあります。
いつも使っている洗顔、化粧水、乳液をしっとりしたタイプのものに切り替えるだけで、冬の乾燥を防ぐことができますよ!

冬に適したスキンケア方法とは?

冬の乾燥を防ぐためには、普段行っている洗顔とスキンケアについて見ていきましょう。

冬の洗顔

熱いお湯で顔を洗うと、肌に必要な皮脂まで取りすぎてしまう可能性があります。
ぬるま湯で、肌をこすらないように洗顔することが大切です。洗顔後、肌がつっぱる方は、洗顔フォームをしっとりタイプのものに変えてみてください。
オンリーミネラルのエクストラフォーミングソープなら、保湿成分の高い「復活の木」エキス配合で、マシュマロのような弾力のある泡で洗うことができます。
肌の潤いを守りながらしっとりとした素肌に導くので、冬の乾燥対策にはぴったりの洗顔フォームです。

冬のスキンケア

洗顔の後は、化粧水と乳液を使って基本のお手入れを行います。
角質層まで保湿成分が浸透するタイプの化粧水を使って、しっかりと肌に水分を補いましょう。
乾燥肌の方は、乳液のほかにも、保湿効果の高いクリームや美容液を使用するといいでしょう。
オンリーミネラルのエクストラモイスチャークリームは、とろみのあるテクスチャーで、肌表面を保湿する成分と角質層まで浸透する保湿成分を組み合わせているため、肌の内側と外側の水分をしっかりキープできます。
とくに乾燥しがちな口元と目元に重ね付けすることで、1日中潤いのある肌を保つことができますよ。

まとめ

冬は肌の状態に合わせて、スキンケアも保湿効果の高いアイテムに切り替えてみましょう。一時的な乾燥とはいえ、しっかり保湿を行っておくと、肌トラブルを防ぐことができるので、ぜひ実践してみてください。ぬるま湯洗顔や乾燥しがちな口元、目元にはクリームを重ね塗りするなど、スキンケア方法も変えてみることで、真冬の乾燥しがちなシーズンも乗り切れるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。