MENU

悩み別!「くま」「ニキビ」「シミ」に適したコンシーラーの種類とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩み別!「くま」「ニキビ」「シミ」に適したコンシーラーの種類とは?

コンシーラーはリキッドやクリーム、ペンシルなど種類が豊富なので、どれを使えばいいのか迷います。しかし、隠したい肌トラブルにあったものを選ぶと、色ムラのないきれいなベースメイクができますよ。今回は、「くま」「ニキビ」「シミ」に適したコンシーラーについてご紹介します。

くま隠しにはリキッドやクリームタイプ

目の下は皮膚が薄いので、伸びのいいリキッドやクリームタイプのコンシーラーを使いましょう。スティックやペンシルタイプより油分が多いので肌になじみやすく、ヨレにくいです。できるだけ薄く伸ばしてスポンジでなじませてください。

寝不足や血行不良などでできる青くまには、オレンジ系やピンク系カラーを使うと血色感が出ます。色素沈着やシミが原因の茶くまには、イエロー系カラーを使用し、くすみを目立たなくさせましょう。皮膚がたるんで目の下にくぼみができることで黒く見える黒くまには、オークル系やベージュ系カラーを使って、自然な肌色に整えてください。

ニキビにはスティックペンシルタイプ

ニキビにはカバー力が高く、比較的油分の少ないスティックやペンシルがおすすめです。気になるところだけをピンポイントで隠せて、厚塗り感が出ません。さらに、炎症を抑える成分配合のものや薬用コンシーラーだと、肌にかかる負担を抑えられます。

カラーは肌色よりワントーン暗いイエロー系が最適です。ニキビの赤みが消え、塗った箇所も目立ちにくくなります。

ニキビ跡や広範囲の赤みを消したい場合は、リキッドタイプを使ってみましょう。伸びがいいので、隠したい箇所の色ムラをナチュラルにカバーできます。

シミにはペンシルやリキッドタイプ

濃いシミにはカバー力が高いペンシルタイプがぴったりです。ひとつひとつ塗りつぶすようにシミを隠した後、スポンジでなじませてください。

広範囲にわたるシミにはリキッドタイプが使いやすいです。シミが気になる部分に数本の線を引くように伸ばし、叩き込みましょう。リキッドタイプは仕上がりがナチュラルなので、広範囲に塗っても厚塗り感が出にくいです。カラーは、素肌よりもワントーン暗い色を選んでください。ぴったりのカラーがない場合は、自分で色を混ぜられるパレットタイプがイチオシです。

まとめ

くまやニキビ、シミにはそれぞれ適したコンシーラーがあります。悩み別に使い分けると仕上がりがよくなり、肌トラブルを感じさせない美肌に近づきます。ぜひ自分にあったアイテムをそろえてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。