MENU

化粧ノリが段違い!ファンデーションのスポンジを長持ちさせる洗い方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧ノリが段違い!ファンデーションのスポンジを長持ちさせる洗い方とは

ファンデーションを塗るのに使用しているスポンジはきちんと洗っていますか?気が付いたらずっと洗ったことないなんて人はいませんか?
汚くても関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、パフの汚れ具合で化粧のノリが段違いなんですよ!

ファンデのノリが悪い…スポンジやパフが汚れていませんか?

なんだかメイクのノリが悪いなんて思うことありませんか?そんな人はぜひファンデーションのスポンジやパフをチェックしてみてください。汚れていませんか?
汚くなっているパフを使うのは、デメリットしかないんです!

汚くなったスポンジには、ファンデーションや皮脂が詰まった状態で細菌の巣窟状態。
不衛生なパフを使ってメイクをすると、肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

また、メイクの仕上がりも全く異なります。汚れが詰まったパフでは肌の表面の細かい凹凸をカバーできずファンデーションのノリが悪くなります。
スポンジやパフを洗うのは面倒くさいと感じている人もいるかもしれませんが、こまめにパフを洗うようにしましょう。

ファンデーションスポンジの洗い方はどうするの?

ファンデーションスポンジは、使用後毎回洗うのが理想です。1回使用しただけでもファンデーションが詰まり、細菌が繁殖しやすくなります。
ただ忙しい朝に毎日洗うのは難しいですよね?できれば週1回は洗うように心がけましょう!

また、できるだけスポンジやパフの使用していない面を使うように心がけましょう。すると大体1週間で、パフ全体が汚れて、ちょうど洗うタイミングとなります。
スポンジやパフが汚れていると化粧のノリが悪くなり、化粧崩れの原因にもなるので気をつけましょう。

一番のオススメは専用クリーナーで洗うこと。汚れが素早くきれいになり、スポンジやパフのもちもよくなります。100円ショップなどでも販売しているのでチェックしてみてください。

パフの説明書を読んでいると、薄めた中性洗剤での洗い方が書いてあるものもあります。ファンデーションや皮脂は油分なので、中性洗剤できれいになりますが、使用した後は、しっかりすすぎを行って洗剤が残らないように気をつけましょう。

他にもメイク落としを使用して洗う方法などもありますが、ごわつきが残る場合もあるので、専用クリーナーを使用するのが一番スポンジやパフを長持ちさせてくれます。
洗い終わったスポンジやパフは水気をタオルなどでとって陰干しして、十分に乾燥させてから使用しましょう。

クッションファンデーション専用パフの洗い方

クッションファンデーション専用パフは、リキッドやパウダータイプのファンデーションパフと少し異なり、薄くて目が詰まっています。ファンデーションが奥まで染みこみにくい構造になっていますが、衛生面を考慮しこまめに洗いましょう。

【用意するもの】

  • 洗面器
  • ぬるま湯
  • 中性洗剤

【洗い方】

  1. 洗面器にぬるま湯を入れ、中性洗剤を少量溶かします。
  2. ぬるま湯の中でパフを揉み洗いしてください。
  3. パフの汚れが取れたら、すすぎ洗いをして水気を切ります。
  4. 日陰で干して乾かします。

洗剤はパフ専用クリーナーを使ってもかまいません。ない場合は、台所用または衣類用の中性洗剤を使用します。

パフを洗うときは、表面をこすり合わせて洗ってしまうと、繊維がボロボロ剥がれて小さな穴が開くこともあります。力を入れずに優しく揉み洗いしてください。

洗濯頻度は、1週間に1回程度が理想です。

パフの代わりに使えるアイテム

ファンデーションはスポンジやパフだけではなく、ブラシでつけることもできます。リキッドファンデーションには先が平らになった平筆が使いやすいです。毛先がまっすぐカットされているフラットタイプのブラシは、リキッド、クリーム、パウダーなどあらゆるファンデーションを乗せることができ、均一に塗ることができます。毛量が多く、長さのあるパウダーブラシはパウダーファンデーションをふんわりつけるときに便利です。

ファンデーションブラシの中には、毛先が斜めにカットされている商品もあります。目尻や小鼻の際など細かい場所に使いやすいので、好みに合わせて選びましょう。

また、外出先でパフやブラシを忘れてしまったときは、ティッシュやコットンで代用できます。ティッシュを折りたたんでファンデーションを乗せ、パフと同じように肌の上を滑らせてください。肌触りはパフやブラシに劣りますが、キメ細かく仕上がります。

コットンは側面を裂いて裏返し、内側の柔らかい面にファンデーションを乗せます。パフのように柔らかいので敏感肌の方でも安心です。

ティッシュもコットンも、リキッド、クリーム、パウダーなどあらゆるタイプのファンデーションに使用できます。パフやブラシを忘れたときに、ぜひ試してみてください。

パフの交換目安とは

パフは使用期間よりも見た目と肌触りで捨てる時期を判断します。硬くなって肌触りが悪くなってしまったもの、表面がボロボロと崩れているものは、洗ってもファンデーションがきれいに乗らず、肌をこすってしまう可能性があります。寿命だと思って、新しいものに交換しましょう。

まとめ

パフを洗う時は、スポンジやパフが傷まないように、やさしく洗うことも大切です。パフを長持ちさせるためには専用クリーナーを使用して洗うことをおすすめします。またスポンジやパフは使用するごとに劣化していきます。ごわごわしているな、と感じたら新しいものに交換しましょう。パフがきれいなことは化粧のノリにも大きく関係してきますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。