MENU

メイクしたまま寝たら肌にどんな影響が?対処法もお教えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクしたまま寝たら肌にどんな影響が?対処法もお教えします!

メイクしたまま眠った翌朝は、鏡を見てびっくり!メイクに皮脂が混ざってドロドロ顔になっていますよね。疲れて帰った日は、そのままベッドに入りたくなりますが、たった1日でも化粧を落とさないで寝ると肌はダメージを受けてしまいます。メイクを落とさず寝てしまったときのデメリットと翌日の対処法を知って、ハリとツヤを取り戻しましょう。

メイクしたまま寝たときの肌へのダメージ

ニキビや吹き出物ができる

化粧品に含まれた油分と顔の皮脂が毛穴に詰まると、炎症を起こしやすくなります。とくに、しっかりメイクをする方や皮脂量が多い方は、一晩でニキビや吹き出物ができることもあります。

ターンオーバー機能が乱れ、くすみやシワ、シミになる

肌はターンオーバー機能によって新しい細胞が作られ、表皮の古い角質は剥がれ落ちていきます。しかし、就寝中までメイクで覆われていると古い角質が溜まってくすみやシワ、シミなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

肌荒れしやすい

コスメには防腐剤や合成界面活性剤、着色料、香料など肌に負担をかける成分が含まれているものがあります。長時間肌に密着すると、肌が外的刺激に弱くなり肌荒れが目立つようになります。

色素沈着が起こる

マスカラやアイライナー、アイシャドウ、リップなど着色料が入ったコスメは、長時間落とさないと色素沈着してしまいます。とくに皮膚の薄い目元や唇は要注意です。

化粧を落とさず寝てしまった翌日の対処法

化粧を落とすのを忘れて寝てしまった翌日は、いつも以上に丁寧なクレンジングとスキンケアをして、汚れの除去と保湿を徹底しましょう。

起きたばかりは、メイク汚れと皮脂がたっぷり乗っているので、クレンジングを少し多めに取り、顔全体をゆっくりマッサージするように汚れを浮かします。ぬるま湯ですすいだら、タオルを水に浸して固く絞り、レンジでチンしてホットタオルを作って顔に乗せてください。毛穴が開いて皮脂や汚れが除去しやすくなりますよ。

次に洗顔料をたっぷり泡立て顔を洗います。肌をこすらず、泡を転がすように洗いましょう。洗顔後は水分と油分が失われているので、シートマスクを使って贅沢に保湿します。

翌日もメイクをしなければいけない場合は、できるだけナチュラルメイクにしたり、肌に優しいミネラルコスメを使ったりしていたわってあげてください。

まとめ

メイクしたまま眠ると肌に悪いことばかりなので、どんなに疲れていても化粧だけはオフしたいものです。うっかり忘れてしまったときは、汚れを落として念入りなスキンケアをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。