MENU

メイクアップミラーで化粧が変わる?選ぶポイント教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクアップミラーで化粧が変わる?選ぶポイント教えます!

メイクするとき、手鏡やファンデーションのコンパクトについた小さい鏡を使っていませんか?本格的なメイクアップミラーを使えば、メイクの仕上がりも向上します。この機会に使いやすいメイクアップミラーを用意して、メイクアップアーティストになった気分でお化粧を楽しみましょう。

メイクアップミラーの重要性

メイクアップミラーは、きれいにメイクするためには欠かせない美容道具です。サイズが小さすぎると顔全体が映らないので、メイクの仕上がりが左右バラバラになってしまったり、遠くから見たときの印象を確認することができず、厚塗り感が残ってしまったり、きれいなメイクができません。

また、見えづらい鏡を使っていると、アイラインの線がガタガタになる、マスカラを塗るときにまぶたについてしまうなど、失敗しやすくなります。

メイクをするときは、手鏡やファンデーションケースについた鏡を使うのではなく、メイク専用の大きいミラーを用意しましょう。

メイクアップミラーを選ぶときのポイント

数ある商品の中から自分にぴったりのメイクアップミラーを選ぶなら、次のポイントを参考にしてください。

顔全体が映る大きさ

メイクは顔全体をチェックしながら仕上げていくと、左右のバランスが取れた美しいメイクが完成します。そのため、顔全体が映る大きさのメイクアップミラーを選んでください。形は丸でも長方形でもOKです。

顔の正面にくる高さ

鏡が自分の真正面の位置にくる商品を選ぶと、顔に陰影ができないのでメイクしやすくなります。顔全体のバランスも見やすく、猫背になったり手が疲れたりもしません。

角度調整機能

角度を変えられる鏡は、アイラインやマスカラなどアイメイクをするときに便利です。とくにアイラインはまつ毛の際に引くので、上からのぞきこめる角度にするとメイクしやすくなります。

拡大鏡つき

顔の一部を拡大して映せる拡大鏡は、「2倍」「5倍」「10倍」など様々な倍率のミラーがあります。アイラインや毛穴の隠れ具合といった、細かい部分をチェックできて便利です。普通鏡の裏面が拡大鏡になっている商品なら、2つ買う必要がなくドレッサーの上もすっきりします。

ライトつき

鏡の上下左右にライトがついている女優ミラーは、暗いところでもいつも通りメイクできます。家の中と外ではメイクの仕上がりが違って見えるという方におすすめです。

まとめ

使い勝手のいいメイクアップミラーを使うと、顔全体や細かい部分の仕上がりを確認できるので、メイクテクニックが向上します。ぜひ、メイクするときはコスメだけではなく、メイクアップミラーにもこだわってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。