MENU

美容オイルが万能すぎる!スキンケアの活用術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容オイルが万能すぎる!スキンケアの活用術!

美容オイルは、肌に負担をかけずに保湿できるアイテムとして注目を集めています。天然素材のものが多く、1本あれば全身の保湿ができます。今回は美容オイルの活用術についてまとめたので、ぜひ参考にしてください。

美容オイルとは

美容オイルとは、美容液代わりに使えるオイルのことです。食用オイルよりもさらっとしたテクスチャーで、肌に塗るとバリアを張って水分の蒸発を防いでくれます。

オリーブオイルやアルガンオイル、ホホバオイルなど、植物の実から精製しており、100%天然の美容オイルを選べば肌にとって刺激となる化学合成物質が入っていないため、肌荒れしやすい方でも安全に使えます。

ほんの1~2滴でしっかり潤うのでコスパがよく、髪や顔、ボディなど全身に使用できることから1本持っておくと重宝します。

美容オイルの活用術

美容オイルの効果的な使い方をご紹介します。

洗顔&クレンジング

洗顔後の肌のつっぱり感が気になる方は、洗顔料に美容オイルを1滴たらしてみてください。クリーミーな泡立ちになり、洗い上りがマイルドになります。

市販のクレンジングオイルには界面活性剤が入っており、刺激が強いですが、美容オイルを使うと優しくメイクオフできます。美容オイルをたっぷり手に取り、マッサージするようにメイクになじませましょう。メイクの油分が浮いたらティッシュオフし、わずかに残ったメイク汚れや油っぽさは洗顔料で洗い落としてください。

ファンデーション

リキッドファンデーションやクリームファンデーションに数滴混ぜると、保湿力がアップします。肌の乾燥や粉吹きが気になる方は、1~2滴混ぜてみてください。たくさん混ぜると油分が多すぎて化粧崩れしやすくなるので注意しましょう。

髪の毛

ドライヤーで髪を乾かす前に美容オイルをつけると、髪が傷みにくくなります。濡れた髪の毛はキューティクルが開いており、ドライヤーの熱を強くあてるとパサつきや枝毛の原因になります。しかし、美容オイルをつければ髪をコーティングでき、ツヤやまとまりもアップします。

朝のスタイリング剤かわりにつけてもOKです。

全身のボディケア

肌のかさつきが気になる部位につけると、乾燥対策ができます。ボディローションやクリームよりも保湿力が高く、ひじやかかと、膝など、かさつきやすい部位への使用がおすすめです。
ただし、つけすぎるとべたつきが気になります。血行がよくなっているお風呂上がりに、手のひらで温めてから肌の上に伸ばしましょう。

まとめ

美容オイルは1本持っておくと全身のお手入れに使えます。たった1~2滴で肌の表面に潤いのバリアを張り、乾燥を防いでくれます。ドラッグストアで手軽に購入できるので、探してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。