MENU

肌荒れしにくいコンシーラーは、こう選べば失敗ナシ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌荒れしにくいコンシーラーはどんなものを選んだらよい?

濃く残ってしまったシミやニキビ跡、くまなどをカバーするのに効果的なコンシーラー。でもカバー力が高い分、肌に負担がかかりやすいのも事実。どんなコンシーラーを選べば肌荒れしにくいのでしょうか?

コンシーラーって何?

コンシーラーとは、濃いシミやニキビ跡、またクマを隠すように使用するアイテムです。
スティックタイプやペンシル、またクリーム、リキッドタイプなどがあり、ファンデーションより濃いテクスチャーになっているので気になる部分をピンポイントでカバーできるメイクアップアイテムです。

広い範囲のシミを隠す場合にはクリームタイプのコンシーラーが有効です。
スティックタイプ、ペンシルタイプのコンシーラーは濃いシミやニキビ跡などのカバーにおすすめです。
また、クリームタイプは数色セットになっていて肌の状態などによって色を混ぜ合わせて調節できるので便利です。

気になる肌トラブルをカバーできるコンシーラーは、一つは持っておきたい便利なメイクアップアイテムながら、肌を厚く覆ってカバーすると肌への負担が大きくなります。
またニキビなどをカバーすると、デリケートになっている肌に余計負担をかけて、ニキビを悪化させてしまうことも。
肌の負担を避けるためにも肌に優しいコンシーラーを選びたいですね。

コンシーラーもミネラル成分で肌に優しくカバー!

コンシーラーはとても優秀なメイクアイテムですが、肌荒れが心配で使っていないという人はいませんか?
実はそんなお悩みを解決してくれるコンシーラーがたくさん発売されています。

例えば肌に優しいと定評のあるミネラルファンデーション同様、ミネラル成分で出来たコンシーラーは肌に負担が少なく、敏感肌さんでも使用できるのでおすすめ!
肌トラブルはカバーしたいけどコンシーラーの重たい感じが苦手、肌荒れしそう、と今までコンシーラーを避けがちだった方にもぜひ使っていただきたいアイテムです!    

さらに、肌に優しいだけでなく、薬用美白成分が配合されたアイテムなどもあります。
肌に優しくて、シミ予防も出来るなんて優れものですね!

ファンデーションもミネラルファンデでライン使いすれば、つけたままでも寝られるほど肌にやさしいベースメイクをさらに実感できますよ!

ニキビや肌荒れを悪化させないコンシーラーの使い方

炎症しているニキビや肌荒れを直接コンシーラーで隠してしまうと、症状が悪化してしまう恐れがあります。とくにニキビは、化粧品に含まれている油分によってアクネ菌が増殖し、炎症がひどくなってしまうのです。

そこで、まずは油分の少ないコンシーラーや薬用の商品を使うことが大切です。オイルフリーや肌荒れを予防する成分配合のアイテムなら、肌の炎症を抑えることができます。

薬用のコンシーラーはファンデーションの前に塗ることで、より効果が期待できます。リキッドファンデーションは油分がたくさん含まれているため、ニキビ・肌荒れの部分には塗らないようにして、パウダーファンデーションやフェイスパウダーでカバーするのもおすすめです。

また、ニキビや肌荒れのために、たっぷりつけるのではなく少量だけ塗ることが肝心です。厚塗りしなくてもいいように、カバー力の高いアイテムを選ぶようにしましょう。一般的に、リキッドよりもスティックタイプのコンシーラーのほうがカバー力が高いので、コンシーラー選びに迷ったときの参考にしてください。

ニキビや肌荒れを目立たせてしまうNGな塗り方

「コンシーラーを塗ると、ニキビや肌荒れが目立ってしまう…」そんな方は、こんなNGな塗り方をしていませんか?

厚塗りする

しっかりカバーしようとして厚く塗ると、肌から浮いてしまい、かえって目立ちます。コンシーラーを塗るときは薄く伸ばし、ほどよくカバーするくらいがちょうどいいです。

明るい色のコンシーラーを使用する

ニキビや肌荒れの赤みを隠そうとして、明るい色のコンシーラーを使ってしまったときも、地肌の色との違いから目立ってしまいます。

ニキビ・肌荒れが目立ちにくくなる塗り方

ニキビ・肌荒れを目立たせなくするには、次の塗り方を実践してみてください。

患部の周辺からなじませていく

ニキビや肌荒れができている周辺の肌から中央に向かって薄く伸ばしていくように塗ってください。ニキビの場合、指で叩き込むようにして塗るとつぶしてしまう可能性があります。筆に硬めのコンシーラーをつけて、少しずつなじませましょう。

暗い色のコンシーラーを使う

赤みを帯びているニキビや肌荒れなどは、黄みの強い色で肌よりワントーン暗い色を使用すると目立ちにくくなります。

凹凸は化粧下地で埋める

クレーターニキビの痕など、凹凸のある箇所はコンシーラーを塗る前に化粧下地で埋めましょう。表面をなめらかに整えてからコンシーラーを塗ると、ナチュラルにカバーできます。

気になる肌トラブルには肌に優しいコンシーラーを!

ファンデーションを塗っても見えるシミやニキビ跡が気になることってありますよね。そんな時には是非コンシーラーの力を借りてみましょう!
コンシーラーの厚ぼったい感じが苦手で肌荒れを心配していた人は、ぜひミネラル成分で出来た肌にやさしいコンシーラーを使ってみてください。
軽い使い心地で気になる肌トラブルをカバーしてくれますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。