MENU

アイライナーの種類別!上手なラインの引き方とコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイライナーの種類別!上手なラインの引き方とコツは?

アイライナーは目の印象を強めて、洗練されたまなざしを演出するのに欠かせないアイテムです。アイライナーの種類別に特徴と印象の違いについて理解し、美しいラインが引けるようになりましょう。

アイライナーの種類

アイライナーは、大きく分けると3つの種類があります。

ペンシル

芯が柔らかく、描きやすいので初心者におすすめなのがペンシルタイプのアイライナーです。ぼかすことでナチュラルな目元になり、失敗しても簡単に修正できます。鉛筆のように削って使用するものと繰り出し式の2タイプがあります。
鉛筆タイプは削り方によって芯の太さを変えられ、自分好みに調整できます。まつ毛の隙間を埋めるように使えば、すっぴんのような自然なメイクも可能です。

リキッド

筆ペンのような形状で、はっきりとした濃いアイラインが描けます。線の太さを調整しやすく、極細アイラインからデカ目効果ばっちりの極太アイラインまで自由自在です。
発色がいいのできりっとした目元になり、適度なツヤもあります。キャットラインやタレ目メイクなどが簡単にでき、アイメイクを主役にしたいときにぴったりです。

ジェル

柔らかいテクスチャーで描きやすく、発色がいいのでペンシルとリキッドのいいとこどりをしたようなアイライナーです。水や汗、皮脂に強く、自然な濃淡が出せて部分的に線を濃くしたいときに重宝します。ペンシルタイプや筆にとって使うポットタイプがあり、太さの調整も簡単です。

ラインの引き方のコツ

アイライナーの引き方を種類別に見えていきましょう。

ペンシル

目尻を指で軽く引っ張り、目尻から目の中央にかけて、まつ毛の隙間を点で埋めるように引きます。一気に描くのではなく、少しずつ描き足すようにつなげるのがポイントです。
目頭から目の中央まで細く線を引いたら、まぶたを手で上に引っ張り。まつ毛の際を埋めていきます。最後は綿棒で輪郭をぼかしてなじませてください。

リキッド

リキッドはペンシルと違って、目頭から目尻まで一気に引いたほうがきれいなラインになります。始めに筆先を立てて細く線を引き、目尻など太くしたい箇所は線を重ねて太く見えるよう調整してください。

ジェル

描く前に一度手の甲で試し描きをして、なじませます。リキッドアイライナーのように目頭から目尻まで一気にラインを引き、うまく引けない場合はポンポンと押さえるように線を描き足しましょう。

まとめ

目を大きく、美しく見せてくれるアイライナーは、種類別に印象が変わります。使いやすさや仕上がりを参考にして、自分に合ったタイプを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。