MENU

基礎化粧品にはなにがある?基本とポイントお教えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎化粧品にはなにがある?基本とポイントお教えします!

よく耳にする「基礎化粧品」には、いったいなにがあるのでしょうか。今回は、今さら聞けない基礎化粧品について解説し、選び方のポイントをご紹介します。基本を押さえて肌トラブルとは無縁の素肌を手に入れましょう。

基礎化粧品とは

基礎化粧品とはスキンケアのときに使用する化粧品のことで、肌を清潔にして潤いを与え、肌本来の機能をサポートする働きがあります。主なアイテムは、洗顔料や化粧水、乳液、美容液、クリームなどです。

ファンデーションやアイシャドウ、口紅などは肌をきれいに見せるためのメイクアップ用品なので、基礎化粧品とは役割が違います。

基礎化粧品の正しい順番

基礎化粧品は順番を守って使うことで、肌の機能を高めることができます。
基本的に、洗顔料→化粧水→美容液→乳液またはクリームの順番で使ってください。美容液は商品によって使用する順番が前後するので、パッケージを見て判断しましょう。

基礎化粧品はそれぞれ働きが異なり、順番を誤って使うと効果が半減してしまいます。例えば、化粧水の前に乳液を使ってしまうと、潤いを与える前に油分でフタをしてしまうので化粧水が浸透しにくくなくなります。

基礎化粧品の選び方

洗顔料

洗い上りがしっとりするタイプとさっぱりするタイプがあるので、好みの使用感のアイテムを選びましょう。美白やニキビ、黒ずみなど肌トラブルにあった商品もおすすめです。スクラブ入りの洗顔料は刺激が強いため、毎日ではなく週1~2回の使用にしましょう。

化粧水

しっとりタイプやさっぱりタイプなど、保湿成分やテクスチャーが異なる商品が多いため、肌質にあわせて選びます。脂性肌や普通肌の方はさらさらとしたテクスチャーのものを、乾燥肌の方はしっとりとした質感のものがおすすめです。

乳液

皮膚を柔らかくし、肌に水分と油分を補うアイテムです。基本的に好みの使用感やテクスチャーの商品を選んでください。

美容液

美容液は美白、エイジングケア、ニキビなど目的にあった商品を選びましょう。粒子が細かく、浸透力の高い商品を選ぶと有効成分を肌の奥まで届けられます。

クリーム

乳液よりも油分が多く、脂性肌や普通肌の方は省略してもOKです。乾燥肌の方は乳液の代わりに使うか、乳液を使った後に重ねづけしましょう。乾燥の気になるシーズンは、こってりとしたテクスチャーの商品を選ぶと心強いです。

まとめ

基礎化粧品は肌の修復や潤いキープのために欠かせないアイテムです。商品数が多いのでどれを選ぶか迷うかもしれませんが、使用感やテクスチャー、配合成分から決めると失敗しませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のおすすめファンデはこれ!

ネットで色々調べた中で、私がいいなと思ったのはこのオンリーミネラル ミネラルエアーファンデーション
スプレータイプの珍しいミネラルファンデなのですが、パフやカブキブラシで塗るよりも塗りムラもなくシミもしっかりカバーしてくれます。

購入は下記から!私ももうすぐ購入して試したいと思います。